写真に残す

結婚式と披露宴はしない事にしました。

出来ちゃった結婚、最近ではおめでた婚と言うらしいですが、それをきっかけに結婚する事にしました。でも、ちょうど父が癌で入院している事もあり、結婚式と披露宴はしない事になりました。それでも結婚した記念に写真だけでも撮ろうと言う事になりました。 ウェディングドレスに憧れていたので、彼と一緒に選んで写真スタジオで撮影する事にしました。衣装も貸衣裳だったんですが、写真だけとは言っても一生の思い出になるんだからと、貸衣装のスタッフの人もアレコレ親切にしてくれました。ドレスはもちろんブーケやティアラ、小物の事なんて考えてなかったので、スタッフの人のアドバイスは貴重でした。 もちろん美容院でも花嫁さん用のメイクと言うのでしょうか、写真写りが良くなるようにいつもよりも念入りにお化粧してもらいました。

撮影も順調に進みました。

自分達は写真だけだしと、いつものスナップ写真の延長で軽く考えていたのですが、貸衣装でも美容院でも本人たち以上に気合を入れてくれました。 写真スタジオではプロのカメラマンの方に撮ってもらいました。アレコレポーズを指示されながら撮るのは、恥ずかしい気もしましたが、慣れてくると楽しくなっても来ました。 しっかりした写真が出来上がってきたのを見た時は、写真だけでも撮っておいてよかったなと実感しました。自分達だけで撮るよりもずっとずっと素敵に仕上がっていると思います。父や家族も、写真を見て喜んでくれていました。 将来、子供にも見せる事が出来るし、いろいろ事情があり結婚式は諦めましたが、写真だけでも撮っておいて本当に良かったです。